同時進行は恋愛のキホン。(前編)罪悪感を感じるあなたへ

どうもゴウです。

今日は恋愛を成功させる上で大前提となる、同時進行についてです。

好きな人が出来た時に、盲目的にその人のことばかり考えていませんか?

好きになった人を一途に愛すことが出来る
それはとても素敵なことです。

しかし、本当にその人と結ばれたいのなら、他の人とも進んでデートすべき。

付き合う前ならなおさらです。

そして、それが出来ないくらい盲目なままでは、安定して上手くいくことは絶対にありません。

なぜ、好きな人がいても他の人ともデートした方が良いのかについて、今日は話していきます。

先に言っておくと、一部の人にとって耳の痛い話になると思います。

真面目な人ほど恋愛は上手くいかない

ここまでの話を聞いて、
真面目な人ほど、複数人とデートの予定を立てることに抵抗感があると思います。

気になっている人とだけ、仲良くなりたい」
浮気みたいで、罪悪感がある」
「他の人とデートしたせいで上手くいかなかったら絶対後悔する

僕もこんなふうに思っていた時期がありました。

しかし不思議なことに
恋愛は、こう考える真面目な人ほど上手くいかないように出来ています。

そんな不器用で真面目な方にこそ分かって欲しい、
複数人同時進行することは、悪いことでも何でもない というお話をします。

(罪悪感は感じないけど、実践は出来てないよって人は
後編の講義から受けてもらっても大丈夫です)

あなたが求める「付き合う」とは何か

理屈面でも、感情面でも納得してもらうために
根本の話をします。

人は、なぜ付き合うのでしょうか?

僕はこれを高校生の頃考え尽くし、

ドラマの真似事がしたいんだろうな」
「キスやハグする大義名分が欲しいんだろうな」
思っていました。

(完全に痛いやつです笑)

しかし、これは間違いでした。

現在の僕は、単に性欲を満たしたいだけであれば
飲み会に出ても
マッチングアプリをやっても
街で声をかけても
気に入った子を口説いて好きにすることが出来ます。

そんな今の状態でも、
彼女がいない時期には「好きな人と付き合いたいな」とふと思ったりします。

では、なぜ付き合うのか。

僕が思うに
付き合うとは”正式に隣にいる権利”です。

これは女友達やセフレ相手にはないものです。

そして、それが法的にも認められると”結婚”となります。

と、ここまで整理した上で

あなたが複数人とデートしても良い、いやすべき理由を一つずつ話していきます。

複数人とデートしても良い理由

理由その1:あなたには権利も義務もない

権利がある、ということは
その権利を行使するために果たすべき義務もあります。

・連絡をちゃんと返す
・他の異性と食事する時は報告する
・浮気はしない

一般的なカップルが取り決めているこうした暗黙のルール

“隣にいる”という権利をもらうための義務と言えます。

ちなみに、相手が許してくれるなら、これらは別に守る必要はありません。

「いちいち報告しなくて良いよ」という人もいれば
「複数人でも、異性と一緒の時は絶対報告して欲しい」という人もいます

権利も義務も、カップルごとの形があります。

あなたが感じてしまう罪悪感。

そうした罪悪感を感じるべき時がどんな時かというと、
守るべき義務”があるのに、それを破っている時です。

しかし、あなたが好きな人と付き合っていないのなら。

隣にいる権利はもちろん持っていませんが、
同時に、守るべき義務も一切ありません。

罪悪感を感じてしまう、という人は
権利もないくせに、義務を勝手に背負っているような状態です。

その実際の心理は、自分勝手な、単なる願掛けだったりします。

つらい思いを我慢すれば叶うんじゃないか。振り向いてくれるんじゃないか。」
「自分が一途に思っていれば、相手はこの気持ちを分かってくれるんじゃないか。」

書いてて同族嫌悪になるくらい、そう思いたい気持ちはわかるのですが、

あなたも薄々気付いていますよね?

そんなことに何の意味もないということに。

そして自覚して下さい。

その勝手な思い込みのベクトルは、相手を向いているように見えて、

実際は全て自分を満足させる方向相手から何かをしてもらう方向ばかりに向いていることに。

「俺はこれだけ我慢してるん“だから”、◯◯ちゃんに好きになって欲しい」

こうやって明文化すれば気付いてもらえますでしょうか。

願掛けをする人は、相手の女性に何も与えられていない ということに。

そうではなく、

相手に与えられる、楽しませてあげられる男に、あなたはならないといけません。

理由その2:「一途な人が好き」というのは半分間違っている

“優しい人”と並んで

“一途な人”“誠実な人”というのも、女性が好きなタイプランキングの上位によくランクインしています。

それを「一途な男の方がモテる」と真に受けて、好きな人以外との会話や遊びを控えているのだとしたら、
あなたは恋愛市場のワナに惑わされています。

一般的に知られている女性心理は、実情とズレていることがかなり多い。

大前提、女性という生き物は自分の考えていることを、

論理的に表現することが、男性よりも苦手です。(これは脳の仕組み的に)

“理由”や”本質”まで掘り下げず、“感覚”的に感じたことを、そのまま口に出します。

そうした感性が、ブームや最先端となることはよくあるので侮れませんが、

男性は、一段踏み込んで女性の真意を探る必要がある。

それで言うと「一途な人が好き」「誠実な人が好き」というのは、

0点ではないけれども、的確な表現ではありません。

「一途な人が好き」
「そっか。じゃあモテない人が一途に3年想い続けてくれたら嬉しい?」
「や・・・それはちょっと(笑)」

どっちやねん!

と思わず思ってしまうのは、僕ら男性が論理的な脳を持っているからです。

女性の真意は

気になる人が一途に好きでいてくれたらキュンと来ちゃう」

付き合った人には一途でいて欲しい」

あるいは

前好きだった人は振り向いてくれなかった。やっぱりいい男の人って誠実なんだな…」

というところにあります。

ちょっと昔の俳句に

『世の中に 人の来るこそうれしけれ とはいふものの お前ではなし』

(人が来てくれることほどうれしいことはない。とは言っても、あんたのことじゃないよ。)

内田百閒

というものがあります。

片思いのあなたの相手は、まさにこんな気持ちです。

あなたが最優先ですべきことは

「一途”だから”振り向いてよ!」と押し付けがましい願掛けをすることではなく、

相手にとって、”来てくれたら嬉しい男性”になることです。

一途になるのは付き合ってからでも、全然遅くありません。

【一途は彼氏になってから】

この考え方、マインドセットを、持ってみて下さい。

理由その3:女性も同時進行してますよ。当たり前だけど

あなたが同時進行で色んな女性とデートをすることに、メンタルブロックを感じている間。

当の女性は、当然のように複数の男性と食事に行ったり、デートしたりしています。

「遊んでいる女だと思われたくない」
「そういうことを話す女ははしたない」

という意識が女性は男性以上に強いので、あまり大っぴらに言う人は少ないですが。

ただそうは思いつつ、

「でも別に付き合ってるわけじゃないし」
本当に好きになれる人を見つけたいだけだし」

と、彼女たちも自分なりの正当性は持っています。

(罪悪感を感じる男性は、こういう女性のしたたかさを見習っていきましょう)

男性よりも、付き合っていない時の同時進行は女性の方が得意です。

なぜなら、女性の恋愛は「仕掛けさせて、選ぶ恋愛」だからです。

最終的に選ぶのは一人ですが、

仕掛けてくる男(=選択肢)は多い方が良いです。

だから、色んな男性の誘いにとりあえず応じてみて、

自分の中で吟味を進めたり、好きにさせたりする、というのが基本的な女性の恋愛スタンス。

一方で、男性の恋愛は「仕掛けて、選んでもらう恋愛」です。

選んでもらう、ということは、
最終的に誰が選んでくれるかわからないわけです。

そんな状況では、より多くの相手に仕掛ける、ということも立派な”選んでもらうための手段”になります。

(もちろん誰でも良いわけではなく、多少でも気になっている女性である方が良いです)

狙っている女性が多くの男性からアプローチされているのに

あなたはその女性にしかアプローチをかけていないとしたら。

気持ちの面でも、確率の面でも、あなたのアプローチは非常に弱々しいものになってしまいます。

同時進行の3大メリット

普段デートしなれていない人が、好きな人と出かけることになったとしても、いきなり「デート感」を出すことは出来ません。
結果、「いい人止まり」で終わってしまう。

複数人とデートを重ねることで、
女性心理に対する理解や、会話スキル、そして何より余裕が手に入ります。

そして結果として、
一途に想って悦に浸っている純愛くんよりも
圧倒的に相手の女の子を楽しませたり、悦ばせたりすることが出来るようになります。

こちらの内容は後編に譲りたいと思います。

前編がメンタルブロックを外す「守り」だとしたら、

後編は複数人同時進行のメリットという「攻め」だと思って下さい。

次回は、画像付きで解説します。

同時進行は恋愛のキホン。(後編)複数人同時攻略のメリット3つ

ちなみに、もし今回の内容を読んでも

「でもやっぱり、どうしても他の人と遊ぶ気になれない…」
という人は、LINE@Peing(匿名質問箱)で詳しい状況を送って下さい。

あなたの状況にあった解決策を考えます。

とはいえ同時進行は、弱者の戦略

ここまで同時進行を
勧めてきておいてなんですが、

正直、同時進行は、弱者の戦略です。

強者は、同時進行戦略を使いません。
なぜなら、一発で狙った女の子を口説き、
ずっと好かれることが出来るからです。

二流の営業マンは
飛び込み営業やテレアポばかり。
確率論の営業をしています。

反対に、
一流の営業マンほど
狙った大口クライアントだけ、
口説き落とします。

それと一緒です。

とはいえ、
いきなりその強者には、なれないから
まずは同時進行をオススメします。

20〜30人くらい
抱ける強者になった頃には
強者の戦略も通用するようになります。

恋愛強者になるための最短ルート。

4万字のKindle書籍販売ページ)、
今ならこちらで無料プレゼントです。

“本当に重要なところだけ”を、
“遠回り一切なし”の、
“優先順位の高い順”に、お伝えしています。

恋愛コンサルタントとしての実力を
知ってもらいたいので
広告扱いで、無料にしています。