LINEで仲良くなろうとすることは間違い。誰も教えてくれない基礎の基礎

どうもゴウです。

まだあなたがLINEで女性と仲良くなろうとしてるなら、即刻やめるべきです。

今日は、恋愛におけるLINEというツールの立ち位置について、お話します。

女の子とLINEするのは楽しい

気になる女性とLINEをするのって、すごく楽しいですよね。
僕も毎日してしまいます。

自分の送った文章にリアクションをもらえるだけで、
むしろ「返信まだかなー」って待ってる時間でさえも、

なんであんなに楽しいんでしょうね。笑

 

でも。

もしあなたがLINEをしててもデートに繋がらない
あるいは途中でスルーされてしまうことが多いのであれば、

今すぐにでもLINEを使うのをやめるべきです。

LINEが返ってこない原因

以前知り合った男性で、

「女はすぐLINE返さなくなるから嫌だ」

と話している人がいました。

 

あなたにはモテるようになって欲しいのではっきり言いますが、
女の子のせいにしている男は100%モテません。

女性がLINEを返さないのではなく、
ただ単にその人にLINEを返してないだけです。

あなたがこうした考え方を、少しでもしているとしたらすぐに改めて下さいね。

 

さて、ではなぜLINEが返ってこないのでしょうか?

もっというと、
なぜ僕のLINEは返ってくるのに
彼のLINEは返ってこないのでしょうか?

 

「送っている文章が良くないから…?」

そうですね、一つは文章が良くないからです。

 

そしてもう一つ、こちらの方が大事、
にもかかわらず深く考えられることが少ない原因。

…第一印象がイマイチだからです。

こちらの記事
デートに誘ってOKを貰えるかは、誘う前に9割決まっている という話をしましたが

LINEを送って、返信がもらえるかも同じで、送る前にだいたい決まっています。

 

なので、LINEの返信率を上げたい場合。

人によっては文面の内容よりも
会話を含めた第一印象を磨いたほうが効果的、という場合がほとんどです。

正しいデートの誘い方(前編)「今度二人で遊ぼうよ」が全面的に間違っている件

 

難易度はLINE>会話

僕が今回の講義で、主張したいことは主に3点です。

・LINEの返信率は第一印象に比例する
・LINEはあなたが思っているより難しい
・LINEはあくまで連絡手段

ということで、続いてはLINEは思っているより難しいんですよ というお話です。

 

LINEをしたがる男性の主張として、

「会話だと話せるタイミングも限られてるし、
 LINEの方が会話より盛り上がりやすい」
というものがあります。

 

タイミングが限られてる、というのは確かにそうなのですが、

“LINEの方が会話より盛り上がりやすい”という認識は、
実は危険信号だったりします。

というのも、
・(笑)がついてても、本当は笑っていない
・絵文字がついてるから盛り上がっているように見えるけど、実際そうでもない

ということがよくあるからです。

 

つまり、文字面の反応と、相手の実際の反応には差があるわけです。

それを汲み取って、温度感にズレのないやり取りをする必要があります。

 

そして、こちらの表現も難しいです。

「そっけなく思われたら嫌だな」と思って、
絵文字や(笑)を多様していたら女々しく見られたり、

全然怒っていないのに、軽い気持ちでいじる内容を送ったら
「ごめんね(;;)」と予想外の反応が返ってきたりします。

声だったらイントネーションで伝えられる微妙なニュアンスでも、
文字で表現するのはすごく難易度が高い。

 

恋愛上級者ほど、
「会話よりLINEの方が、ニュアンスが伝わりづらくて難しい」
というこの事実に気付いています。

いつでも連絡が取れる便利なツールである反面、
誤爆するリスクが高い、両刃の剣だという認識を持ちましょう。

LINEはあくまで連絡手段

LINEが難しい、ということはわかっていただけましたでしょうか?

「難しいのはわかったけど、じゃあどうすりゃ良いんだよ…」
という方への答え。

 

一番の解決策。
それは、LINEを使わないことです。

「は?」
「いやいや、やり取り出来なくなっちゃうじゃん」

と思われた方は、多くの人が引っかかっている罠にハマっているかもしれません。

LINEで女の子と仲良くなろうとしている という罠です。

 

「普段会えないんだから、LINEで仲良くなろうとするのは当たり前」になってしまってはいませんか?
実はこれこそが、恋愛初心者の方が陥りやがちな、大きな落とし穴です。

LINEはとっても難しいんです。
会話よりも余程難易度が高い。

そして相手の本心もわかりにくい。

そんな状況で仲良くなろうとしたら、どうなるか。

 

失敗します。100%。

本人は仲良くなった、盛り上がってるつもりでも、
ほぼ全ての人が空回りしている、と思ってもらって間違いないです。

LINEで仲良くなろうとして良いのは、後ほど取り上げるパターンの時だけです。
ですから、
まずはLINEで仲良くなろうとするのをやめるようにして下さい。

 

じゃあどうやって仲良くなったら良いか?

簡単です。
会話で仲良くなって下さい。

(会話に関してはオープンキャンパスメルマガにて)

夜のオープンキャンパスへの招待

そして、LINEは最低限必要な業務連絡だけして下さい。

会話で盛り上がって、遊ぶ約束を取り付けた状態で、

LINEで「ご飯だけど、◯日か△日はどう?」という連絡だけするのが、
恋愛初心者にとって一番良いLINEの使い方です。

 

いいですか。
大前提、あくまでLINEは連絡手段の一つです。

そして会話よりも、電話よりもニュアンスが伝わりにくい、
本来コミュニケーションにそこまで向いていないツールです。

だから、無理してその土壌で仲良くなろうとするのではなく、
会っている時にちゃんと仲良くなりましょう。

約束は全て会ってる時にして、
「明日よろしくね」という確認連絡を入れるくらいがベストです。

LINEをやって良い場合

恋愛初心者はLINEは業務連絡以外使わないこと、という話をしました。

ではどんな状況でも、LINEは使わない方がいいのでしょうか?

そんなことはありません。
これから挙げるような状況の時は、むしろ使った方が良いです。

向こうからLINEが来る場合

向こうからLINEがあるというのは、第一印象がよかったということです。

そうした状態では、相手はあなたに気に入られたいと思っているので、
あなただけが空回りする、という状況はあまり起こりません。

なので、相手から好感を持たれている場合はLINEしても問題ありません。

その子と滅多に会う機会がない場合

本来は、仮に初対面であったとしても、
会っている時に次会う約束をするのがベストです。

でもそれを逃してしまい、
今後も滅多に会う機会がなさそうな場合。

奥の手としてLINEを使っていきましょう。
あくまで奥の手なので、ミスコミュニケーションにならないようしっかり警戒して下さい。

 

そして、たまにLINEの内容を人に見てもらったほうが良いです。
出来たら人並みに経験のある女の子か、モテる男性(付き合った人数が5人以上or経験人数30人以上くらいが目安)に見てもらいましょう。

僕に連絡くれても良いです。(連絡先はこちら

LINE力≒会話力です。

はじめは何を話したら良いかわからないかもしれませんが、
会話を学びつつ、人にLINEを見てもらうことで段々と実力は向上していきます。

裏を返せば、このくらいの労力をかけれないのなら、
LINEをしないと仲良くなれない女の子は一旦諦めたほうがいいです。

女の子を口説ける上級者になった後

LINEはちゃんと使えるようになれば、タイミングを選ばず恋愛を進展させられる神ツールです。

口説くということが出来るようになったあなたであれば、
相手の微妙なニュアンスを汲み取ったり、
文字であっても相手を楽しませる会話が出来るはず。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

終わりに

ということで、誰も教えてくれないLINEの基礎の基礎でした。

LINEのコツやテクニックについても、
今後挙げていこうかなと思っています。

要望や質問がありましたら、
連絡から、LINE@やペイングまでおねがいします。

 

もう『恋愛ブログ難民』は辞めませんか?

どこかから検索して辿り着いたそこのあなた。

沢山のブログを徘徊しても、
あなたが求める現実は手に入りません。

なぜなら、
恋愛とは総合力が問われるものであって
「◯◯が出来たら100点!」というものではないからです。

つまり、体系的に学ばないと意味がない。

というわけで、
最速で体系的に学べる4万字のKindle書籍販売ページ)、
今ならこちらで無料プレゼントです。

“本当に重要なところだけ”を、
“遠回り一切なし”の、
“優先順位の高い順”に、お伝えしています。