モテる『清潔感』とモテない『清潔感』の違い 〜正しい清潔感の出し方〜

ファッション誌などで
「モテるメンズは清潔感がある」
という説明がよくされています。

実際、雑誌だけでなくリアルな女の子に聞いてみても
「清潔感のある人が好き」
という意見を多くの女性が持っています。

ですが、同じ清潔感でも
“モテる清潔感”と”モテない清潔感”の2種類が存在していることを
あなたは知っていましたか?

結論から言うと、
【清潔である】ということと
【清潔感を出す】ということは、同じようでいて全然違うのです。

この記事を読むことで
正しい意味で【清潔感を出せる】、モテるメンズの仲間入りをしてもらえたらと思います。

そもそもなぜ清潔感がこんなに人気要素なのか

2種類の清潔感について説明する前に、
清潔感を出せるようになることで、あなたが得られる『メリット』と『その理由』をお話しておきます。

女子ウケを考える上で、清潔感は外すことの出来ない重要な要素ですが
「そもそもなんで清潔感があった方が良いの?」
と腑に落ちていないままでは、結局3日坊主で終わってしまうからです。

女性は男性以上に身なりに気を遣っている

男性が見落としがちなポイントなのですが、
女性は日々、途方もない労力を身なりにかけています。

・メイク
・洗顔、メイク落とし
・化粧水、乳液
・ネイルケア
・ファッション
・ピアス、イヤリング、アクセサリー
・ヘアカラー
・カラコン
・髪を巻く、結ぶ
・脱毛

などなど。

男性と比較したら身なりにかけている
『お金』『時間』『労力』の平均値は
誇張ではなく、2~3倍を上回ると思います。

身なりに気を遣うことで女性から『仲間意識』を持ってもらえる

で、
「気を遣っている」ということは
「気を遣っていない人に対する目線が厳しくなる」という側面を併せ持っています。

例えば
あなたがイヤホンに物凄くこだわりのある人だったとしたら。

100均のイヤホンを使っている人を見たら
「うわ、、、」と思わないでしょうか?

あるいは
あなたが時間きっかり間に合っていないと気がすまないタイプだったとしたら。

遅刻してきといて平気で「さーせんw」みたいな謝り方をする人を見たら
「人としてありえない、、、」と思わないでしょうか?

こういったように
人間は自分が気を遣っている部分には
周りの人に関しても気を遣うことを求めるように出来ているのです。

そしてこれは女性も一緒です。

女性は清潔感のない男性に対して、
「私がこれだけ労力かけてるのに、不潔な男とか、、、あり得ないんですけど、、、」
と厳しい目線でジャッジを下しています。

それは、回復不能で致命的な評価なので、
会話など他の要素でいくら頑張っても、挽回出来ません。

つまり、『不潔』とみなされることは
モテるようになりたいのであれば、絶対に避けなければならない。

逆に言えば
正しい清潔感さえ出すことが
「あ。この人はちゃんと身なりに気を遣える人なんだな(私と一緒で)」
という、小さな同族意識を持ってもらうことが出来ます。

そしてその小さな同族意識こそが
第一印象に欠かせない要素であり、恋愛のスタートラインなのです。

2種類の清潔感の違い

以上のように、清潔感と恋愛は切っても切れない関係にあります。

清潔感がない男は、そもそも恋愛対象外になるからです。

あなたがもし、
・会話が盛り上がらない
・連絡先交換が出来ない
・LINEが返ってこない
・デートに行けない
といったことに悩んでいるのなら、

「清潔感がないから」
というのが進展できない本当の理由である可能性は十二分にあります。

ただし繰り返しになりますが、
【清潔である】ということと
【清潔感を出す】ということは、同じようでいて全然違うのです。

「よしじゃあ清潔にしよう!」
と思った方ほど、ぜひ最後まで読んで頂ければと思います。

清潔であることと清潔感の違い

清潔感を履き違えている男性の中には
「俺は毎日風呂も入ってるし、服も小まめに洗濯してるから清潔だろう」
と思っている人がいますが、これは間違いです。

清潔である=清潔感がある…ではありません。

むしろ、
清潔にすることは皆人として当たり前にしているので、差別化が出来ません。
お風呂に毎日入って、服を洗濯してモテるなら、誰も苦労しません。

これは「清潔なだけ」であって、「清潔感がある」のとは違います。

では清潔感とは何か。

清潔感とは
「外見に不潔な部分がないこと」です。

女優やアイドルを表現するような言葉であえて言い換えると、
「透明感がある」という状態です。

極論を言ってしまえば、
『実際に清潔でなくとも、外見だけ整えれば出せる』のが清潔感です。

分かりにくいと思うので、
二人の女性をイメージしてもらえればと思います。

<A>
引きこもりニート女子。
ポテチの食べ過ぎで贅肉がついていて、髪もボサボサでいつもメガネ
だがお風呂が好きで、一日二回欠かさず入っている。

<B>
撮影が忙しく、2日間お風呂に入れなかった新垣結衣

・・・どうでしょうか。

清潔なのは間違いなくニート女子だと思います。
が、
清潔感があるのは新垣結衣、ということです。

ガッキーとか、なんなら2日くらいお風呂入って無くても良い匂いしそうですよね。笑
その印象こそが「透明感」であり、「清潔感」というわけです。

清潔感を出すには

普段から『清潔にする』のは当たり前として、
その上で『清潔感を出す』ためのポイントをお伝えして終わりたいと思います。

とはいえ、
細かいポイントで言ったら20個以上あるので

意外と出来ていない人が多いポイントを、ここでは取り上げます。
(20個以上のポイント全てが気になる人は、メルマガを読んでみて下さい)

1.髪型をセットする

ワックスかジェルで、しっかりとセットするようにして下さい。

ワックスは毛量にも寄りますが、
仲の良い美容師さん曰く「小豆一粒ぶんくらい」取ると良い。

つまり、結構付けます。

よくありがちなのは、
「え?ワックス付けてるの??」と言われるくらい、少量しか付けていない人。

よく言うとナチュラル風なのですが、
悪く言うと『セットしてる感』がない訳です。

そして、清潔感は『セットしてる感』があった方が出ます。

2.メガネをコンタクトにする

メガネはNGです。
あなたがもしメガネなんだとしたら、今すぐコンタクトに変えて下さい。

メガネって、陰キャラで暗いイメージが付きやすいんですよ。
そして、それは清潔感の真逆にある要素なんですね。

だから、マイナス点を避けるために、かけない方が無難。

「お洒落メガネはだめなんですか?」
と思う人もいると思うのですが、

フレームに模様が入ってるとか、
形が変わってるとか、
差し色が特徴的とか、
そういうのはお洒落メガネとは言わないんですよ。

そこらへんが分かっていない人が多いので、
まずはコンタクトに慣れて、モテるようになって、
それでもメガネをかけたい人だけ、選ぶようにして下さい。

皆さんが思っているよりも遥かに、メガネって上級者アイテムなのです。

3.サイズ感の合った服を着る

ダボッとした服装は、それだけでだらしなく清潔感のない印象を与えます。

男性は身体を大きく、強く見せたい願望があることから、
ワンランク上のサイズの服を買ってしまいがちです。

SサイズがぴったりなのにMサイズ、
MサイズがぴったりなのにLサイズ といった具合に。

しかし実際には
それでは清潔感を損なう服装を自ら選んでいるようなものです。

今の流行り的に言っても、
サイズ感の合った服、つまりぴったり自分の体にフィットする服を着るようにして下さい。

さいごに。『清潔感』を極めるには

清潔感については、
モテるために外してはいけない8つの要素の1つになります。

残り7つの要素の解説や、
17個以上ある他の清潔感の要素について知りたい方は

下記でプレゼントしている
『新しい恋愛の教科書』
で学ぶようにして下さい。

これが恋愛強者になるための最短ルートです。

4万字のKindle書籍販売ページ)なのですが、
今ならこちらで無料プレゼントです。

“本当に重要なところだけ”を、
“遠回り一切なし”の、
“優先順位の高い順”に、お伝えしています。

恋愛コンサルタントとしての実力を
知ってもらいたいので
広告扱いで、無料にしています。

ではまた。